院長代行からのご挨拶

日々、ご支援・ご鞭撻を賜りありがとうございます。

当腎研クリニックの始まりは、約40年前に遡ります。その当時、わが国の腎臓病の第一人者で日本腎臓学会を創設した日本大学名誉教授の大島研三先生と日本大学(駿河台)循環器科教授の梶原長雄先生および講師の越野正行先生(前腎研クリニックの院長)らが、生活習慣病を含む慢性腎機能低下に陥った患者さんや維持透析が必要となった患者さんに対して、生活の質を改善させる診療を提供する目的で開設されました。

2018年5月には院内の改修工事を終え、さらなる安心・安全・快適な診療を提供できる体制を整えております。

最近では、日本大学病院循環器内科・日本医科大学腎臓内科・順天堂大学泌尿器科の医師らの協力を得、日々診療(外来維持透析・内科系外来診療・健康診断の2次検査と診療等)を遂行しています。

特に慢性腎機能低下患者と慢性腎不全患者に対する併発症の予防・早期治療を看護師の永田師長ら・臨床工学士の荒川部長らと連携し展開しています。

腎研クリニックでは、外来通院維持透析を受けている患者さんに対して快適な透析環境を提供します。

腎研クリニック院長代行(前日本大学(駿河台)病院循環器科教授)
長尾 建