循環器内科

対象疾患

狭心症
不整脈
心筋症
心不全
高血圧症
動脈硬化
高脂血症等の生活習慣病
心臓および血管に関係する疾患

対応症状(この様な症状や診断を受けた時)

・胸痛(胸部圧迫感、労作時息切れ)
・動悸(脈が多い、脈が少なすぎる、乱れているなど)
・めまい
・息切れ
・むくみ
・健康診断にて心電図異常を指摘されたとき

循環器内科

循環器内科では、主に下記の様な症状や状態の方を診察しております。
・胸痛
前胸部の締め付けられる様な痛み、または圧迫される様な痛み、息切れや息苦しくなる症状
・動悸
自分の心臓の鼓動を感じる(ドキドキする)症状
・息切れ
今までできていたことが息切れでできなくなったり、普通にできていたことをやると胸が苦しくなる症状
・健康診断等で心電図異常を指摘
症状はなくとも、健康診断等で、心電図異常、心臓にかかわる異常や再検査を指摘された方。

診察では、患者様の全身状態を確認し、まず必要になる検査としてレントゲン写真の撮影や心電図検査、採血検査を行います。必要に応じて心臓超音波検査、24時間心電図を記録するホルター心電図検査等を行い診断します。
虚血性心疾患に対しては、入院を必要とする検査や治療(心臓カテーテル検査、カテーテルを用いたバルーンによる血管拡張術や血管内ステント留置術)を行う場合があります。その際は、連携している医療機関へご紹介し、検査・治療をしていただきます。
最新かつ高度な知識と技術の研鑽を常に心がけ、患者様にとって最善の治療方法を選択していきます。

当院で可能な検査

・採血検査
・心電図検査
・胸部レントゲン検査
・心臓超音波検査
・ホルター心電図(24時間心電図)検査
・動脈硬化の判定、下肢動脈硬化の検査(ABI)