腎臓内科

対象疾患

慢性腎不全
急性腎不全
慢性腎臓病
腎機能障害
高血圧
腎硬化症
急性糸球体腎炎
慢性糸球体腎炎
ネフロ―ゼ症候群
腎血管障害
腎性貧血
腎盂腎炎
糖尿病性腎症
電解質異常
検尿異常(蛋白尿・尿潜血など)
血液浄化療法の適応とされる疾患

対応症状(この様な症状や診断を受けた時)

・健康診断等において尿検査異常(尿蛋白・尿潜血)を指摘されたとき
・健康診断等において腎機能異常(クレアチニン値の上昇)を指摘されたとき
・尿量が増加あるいは減少した
・むくみがあるとき
・血圧が高いあるいは低い

腎臓内科

腎臓内科では、主に健康診断等で蛋白尿・血尿、腎機能の異常を指摘された方、むくみがある方、他の診療科で腎臓内科受診を勧められた方等を対象に診療を行なっております。
腎臓病はほとんど自覚症状がないので、健康診断で指摘されても再検査をしていない方もおられます。腎不全が慢性化、進行すると腎臓の機能が元に戻ることは期待できませんので、できるだけ遅らせることが重要になります。腎臓に係る病気全般の早期発見・治療を行い、最終的に腎不全(透析をしなければならない状態)にならないことを目標に治療を行なっております。その為には、原因となった病気のコントロール、薬の管理・調整、患者様自身が積極的に治療に参加し、食事改善、運動療法を行わなければなりません。それでも腎臓の機能が大きく損なわれたときは透析療法を開始します。
最新かつ高度な知識と技術の研鑽を常に心がけ、患者様にとって最善の治療がであるかを考え診療しています。