腎研クリニックの人工透析の特徴

腎臓は血液中にある老廃物や水分を適切に排泄する機能を担っています。
腎臓の機能が10%未満に低下すると尿毒症や水分過多による心不全などの症状が現れ更には様々な合併症を引き起こす可能性もあります。
透析治療とは、腎臓の働きが低下したときに機器に腎臓の代替機能を持たせ、人工的に血液の老廃物や余分な水分の除去を行う治療を指します。透析療法は一度開始すると永続的な治療が必要なため、腎研クリニックでは、患者さんが如何に快適に透析療法を受ける事ができるかを日々研究を続け、透析治療を行うだけでなく、透析治療中に血液温度のコントロールや、東洋医学を活用した経絡(ツボ)への刺激を与えることで、リラクゼーション効果や痒みや痛みを抑える治療を行なっています。

人工透析
快温治療
鍼灸治療

透析療法とは

透析治療とは、腎臓の働きが低下したときに機器に腎臓の代替機能を持たせ、人工的に血液の老廃物や余分な水分の除去を行う治療の事を指します。
透析療法には大きく分類すると「HDF(血液透析濾過療法」「HD(血液透析療法)」「腹膜透析療法」の3種類があります。腎研クリニックではHDF(血液透析濾過療法)の中でも効率的なオンラインHDF(血液透析濾過)を推奨しています。

オンラインHDF(血液透析濾過)療法

腎研クリニックでは、オンラインHDF(血液透析濾過)を行なっております。
HDF(血液透析濾過)とは、血液透析に濾過(ろか)を加えた治療方法で、オンラインHDF(血液透析濾過)とオフラインHDF(血液透析濾過)があります。
オンラインHDF(血液透析濾過)はオフラインHDF(血液透析濾過)に比べより多くの補充液を点滴を用いて投入する事が可能です。時間あたりに投入できる補充液の量が濾過できる量に影響します。オンラインHDF(血液透析濾過)が補充液を24〜48L投入できるのに対しオフラインHDF(血液透析濾過)は8〜10Lの投入に止まります。効果的な濾過を行うにはオンラインHDF(血液透析濾過)が優れているため、腎研クリニックではオンラインHDF(血液透析濾過)を選択することもできます。

オンラインHDF(血液透析濾過)は、HD(血液透析)と比較し、1)食欲の増加 2)血圧の安定 3)貧血の改善 4)老廃物の除去 5)心臓の負担軽減 などメリットが多くあります。HDF(血液透析濾過)はHD(血液透析)と比較し、小分子の除去が出来ないなど一部デメリットもありますが、HD(血液透析)では除去できなかった老廃物を除去できるなど多くのメリットがある腎臓代替療法と言えます。

HD(血液透析療法)とは

腎研クリニックではHDF(血液透析濾過)を推奨しておりますが、患者さんの個別の要望に対応するべく、HD(血液透析)も行なっております。
腎臓の機能低下を補完するために、人工腎臓のフィルター(ダイアライザー)を介して、血液から老廃物や余分な水分を除く治療が血液透析と呼ばれる治療方法です。透析回数は週に3回で1回あたりおおよそ4〜5時間の治療時間を必要とします。透析治療の間には毎分150ml〜250mlの血液を体内からダイアライザーに通し血液を浄化します。



腹膜透析

腎研クリニックでは腹膜透析は行なっておりません。
透析の装置として、自分の体の腹膜を使う方法です。腹膜は胃や腸などの臓器を覆っている薄い膜です。表面積は体表面積ほどあり、毛細血管が表面に網の目のように分布しています。この膜を透析膜として使用します。 おなかの中に管(カテーテル)を通して透析液を入れておくと、血液中の老廃物や不要な尿毒素、電解質などが透析液の中に移動します(拡散)。 また、透析液と血液の浸透圧の差(透析液は糖などの浸透圧物質のため、浸透圧が血液より高くなります)で体の余分な水分を除去します(浸透)。

担当医師紹介

氏名 河村博
プロフィール

【バナー:写真/透析までの流れ】

施設の特徴

好立地
夜間透析
ビジネスサポート